2011年7月3日日曜日

Android Developer Lab — Tokyo 2011に行ってきた

六本木ヒルズ23Fのgoogleさんのところで、Android Developer Lab -Tokyo 2011に行ってきた。
初ヒルズで若干緊張。

メニューは午前中にいろいろ説明あって、午後から実際のCode書き書き。
  • Honeycomb紹介  - 松内さん
  • プログラミングTips  - Kenさん
  • UIデザインについて - Roman Nurikさん
  • Androidマーケットについて - Tony Chanさん
(詳細は各ブログを後々カクカク。)

まーいろいろ新しいことを聞けたぞ。
自分的に気になったこと。

  • Fragmentの機能追加されたこと
  • USBポート使えるようになったこと
  • 後方互換性あるからじゃんじゃん新しい環境つかいましょう
  • デザイン一新、ボックス廃止のホワイトスペース重視
  • マーケット拡大中 20万アプリの45億ダウンロード!
で、お昼。

昼食は持ってこなくても用意してくれる、ってことなので「さすがGoogle!!」と思って楽しみにしていたら、なんとなんとお昼だけじゃなくLGのOptimus端末をdocomoさんからもらえちゃいました!!!!

以下弁当。チキンか魚。おれチキン。


もらったoptimus。なんと太っ腹。google大好き!



午後はもらったoptimus使っての実際のコーディング。



いきなり64bitのドライバ設定でつまづき戸惑いましたが、サポートの日本アンドロイド会の人に助けてもらって何とかスタート。

っていうか、Androidコーディング久々ー。
内容は、今までのアプリをハニコム風にカスタマイズする、というもので、説明ありでわかりやすかった。(ちなみに前日は初日であったということもあって説明なく結構わかりずらかったとか。ラッキー)


そして終わってからのみなさん、質問すごかった。
なんかやる気でましたぞ!

とにかく、いろいろ新しいことについて知れて、すごく充実した一日でした!
そして関係者のかた、お疲れ様でした。