2013年5月25日土曜日

Google IO 2013

5/25 六本木ヒルズのgoogle社内で行われた2013 google I/OのDevFestにいってきた。

Androidセッション

■Google IO 2013 全体 安藤さん

日時:5/15〜17
場所:San Francisco MOSCONE Center
人数:6000人 ネット100万人
料金:300$

Keynote day1

 Googleを他社とは比較しないでほしい、、、それはつまらないこと
 世の中にないものをテクノロジーで出す  by ラリーペイジ


■Android セッション全体  江川さん

・Android Studio
 Android開発にフォーカスしたIDE
 Gradle…OSSのビルドシステム
 当分はベータのまま、ただ今後はEclipseよりAndroid Studioを主流に

・Google Play
 アプリの翻訳を有料でできる
 収益見れる、バージョン管理

・Google Play Services

・Location APIs
 ユーザが今何をしているかをしり、バッテリーの効率化をおこなう

・Application Design

・UI/UX
 Daydream
  スクリーンセイバーのようなもの

・Google TV
 韓国がビックマーケット

■Performance 足立@adamroker

・ユーザの体感
 0〜100msec 早い
 100〜300msec 少しおそい
 300〜1秒msec 何か動いている

・バッテリー 通信モジュールは2番目にバッテリーが減る
   通信モジュールは休ませろ becon
 設計思想
  LTE  レイテンシー

・ベストプラクティス
 大量にプリフェッチ
 通信モジュールをOFF
 ポーリングをさける

・通信の高速化
  Volley
    大量データをやりとりできるネット接続ライブラリ
    GooglePlayでも使える

・グラフィックの最適化
 Framework早くなった
 Show GPU Overdraw
  背景色をTheamを移す
  9patchに透明を使う
 Systrace
  分析ツール

■Play Game Services & GCM 安生さん

・Google Play Game
 App Store の Game Center
 ユーザはGoogle+にサインイン必要

・Cloud Save
 Google Service

・注意点
 ヒープを散らかさない

・GCM XMPP Endpoint
 自サーバとつながった状態になる

Chrome/HTML5セッション

■HTML5 白石さん
・WebM
 Google製のオープンなビデオフォーマット
 
 VP9
  H.264より画質がよい
  chrome ver.29で利用可能になる

・Web Components In Action
 基盤を形成する使用群
  Shadow DOM, HTML Template, Custom Elements

 Polymer
  Web Componentsをより便利にする
  カスタム要素を生成できるフレームワーク

・WebRTC
 Webブラウザ間でP2P接続
 スクリーンキャプチャが可能になった

■Chrome 田中さん
 画像サイズに対するアクセスは今後問題

・image/webp
 メリット
  jpegよりサイズが小さい
 デメリット
  encoding 5〜10倍遅い
  decoding 1〜3倍遅い
  →これらはハードウェアでなんとかなる!

・requestAutocomplete()
 決済情報を自動で登録できるようにする

■Chrome あんどう
・A More Awesome Web
 CSS
 media
 Speech API 

・Mobile HTML
 スクリーンサイズ狭い
  Viewport
  Media Queries
  Flexible Box Module
  sticky
・Dart
 Javaっぽい言語
 ブラウザで動く
 Javascript vs Dart
  Evolving vs Designed
   Prototyping vs Larger App
   Many Frameworks vs All in One
   Ignore Error vs Warning
 期待度は高い

 Improving DOM APIs
 jQuery

 おもしろ  メソッドカステーディング、Dart製プレゼンツール、

■Performance & DevTools 吉川
・workspace
 devtools上でファイルをそのまま編集可能、そのままソースに反映
・SASS Support
 SASSをそのまま編集可能
・Port Forwarding
 ローカルで開発中のサイトをモバイルでデバッグできる
・Frame Chart
 JavaScriptの動作フレームをタイムライン上にスタックして確認可能
・Object allocation tracking
 メモリ割当をタイムライン表示可能

Chrome Canaryでためせる

Cloudセッション

■Cloud  
・Compute Engine
 誰でも使える、1分単位での課金
 Debian VM
 
・Cloud Datastore
 AppEnginから切り離された
 JSON or Protocol Buffersで使用可能
 App Engine のデータストアと同じ
 25%値下げ

■App Engine
・App Engine PHP
 Limited Preview
 PHP 5.4
 Cloud SQL、JSON API使える
・制約
 ファイルシステムには書き込み不可
 一部関数が使えない
 C拡張は使えない
・Mobile Backend Starter
 Androidアプリからサーバ顔のコードを書かずにDatastoreを使える
 
■BigQuery / Google Cloud Storage
・BigQuery
 アクセス解析に使うサービス
 Google Analytics と AdSenseをデータソースとして使える

・Google Cloud Storage

■Drive API

■Google Apps Scripts(GAS)
・Forms + GAS
 Formのデザインを拡張できる
・Docs + GAS
 Document
・GAS + DriveSDK
 フォルダ情報取得、検索が簡単

いろいろ

■YouTube
・YouTube Live範囲拡大
 個人パートナーでも使えるようになった
 API機能も拡大
 Android Player APIで組み込み可能!!
 VP9/Opusに対応

■Google+
・Sign inいっぱい

■GEO
・New Google Maps
 新しいUI
 パーソナライズ化
 素早く動く 
・Key
 100万サイト、一日100億人が利用
・地図デザイン原則
 地図は情報が多様すぎて、一般的なユーザビリティが通用しない
・車への展開がすごいおおい
・Will Street U

■Google Map API
・API v3
 見た目変わった
・4つの変更
 コントロールが変わった
 アイコンの陰がなくなった
・有効
 11/14〜 v=3

・Google Maps Tracks API
 車両などの追跡用API
 位置の記憶とGeoFenceが主な機能
 通常ユーザも利用可能(無料)

■Chrome Packaged Apps v2
・Chrome app
 BrowserをプラットフォームとしてNative Appをつくる
 soket api / usb api などの低レイヤのAPIサポート
 Webストアで公開可能に
 Chrome Web Storeへの登録・テスト可能

・for Mobile
 Cordova(PhoneGapなど)にplug-in可能
 ちょっとtryには早い… 7月にカンファレンスあり