2011年6月15日水曜日

GAE(Google App Engine) 環境構築-1 アカウント生成とアプリ登録まで

GAE(Google App Engine)の開発環境構築と新規プロジェクト作成までを今一度まとめてみようかと。というか本格的にGAEを使用することになったところが本音ですが。

で以下、まずはGAE側(クラウド側)の準備としての、アカウント作成からアプリ登録までの手順
  1. Googleアカウント作成
  2. GoogleAppEngineへログイン
  3. CreateApplicationから認証コード発行
  4. 認証処理
  5. アプリ登録

=== ①Googleアカウント作成 ===
GAEはGoogleのクラウド環境で動作するサービスなんで、まずはGoogleのアカウントを取得する必要がある。
https://www.google.com/accounts/ServiceLogin?service=ah&passive=true&continue=https://appengine.google.com/_ah/conflogin%3Fcontinue%3Dhttps://appengine.google.com/&ltmpl=ae

以下サイトのアカウント作成をクリック

アカウント作成するための情報入力


=== ②GoogleAppEngineへログイン ===
作成したアカウントでログインする。

以下の画面が表示される。
=== ③CreateApplicationから認証コード発行 ===

②画面のCreateApplicationを押下し新規アプリ生成の準備をする。

ここで注意がGAEを使用するにあたり、一番最初だけ認証コードを発行する必要あり。
そのためには携帯電話に認証コードを送信する必要あり。
これが嫌なら登録できません。。(特に悪用されることはないはず)

=== ④認証処理 ===
送られた認証コードを以下の画面に入力して認証完了。

=== ⑤アプリ登録 ===
以下の画面で新規作成するアプリ名を登録する。

特に考えていない場合は、次回からは③のCreateApplicationボタンを押下すると
⑤の画面から始まるのでその時に登録すればよし!

以上

0 件のコメント: